スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三夜の月見



十五夜を中秋の名月というが、十三夜は「後の月」だと言うのだそうな。
十五夜の中秋の名月は旧暦の8月15日である9月8日(月曜日)に終わった。

団子を食べながら名月をめでた方も多いのではないだろうか?


日本では旧暦の9月13日にも月見をする風習があり、
この十三夜の月見のことを「後の月」というのだ。

十五夜の中秋の名月か十三夜の月見、どちらか一方しか見ないことを
「片見月」と言い縁起が悪いことだという。


また、十三夜の月見には、旬の大豆や栗などを供えることから、
「豆名月(まめめいげつ)」または「栗名月(くりめいげつ)」とも言うのだそうな。
もちろん、月見団子もお供えするようで、近所のスーパーにはちゃんと売っていた。

そう、10月6日こそが、十三夜の月見にあたるので
うちでも栗をゆでた。



栗9-11

栗のゆで方は、いろいろある。

まぁ、一番普通なのが、栗を一晩たっぷりの水に漬けておいて
翌日塩を入れ30分~50分ゴトゴトと煮る。
ゆで時間は栗の大きさによるのだ。

ところが、家ではサーモスの保温調理器シャトルシェフという
とっても便利な保温鍋があるので、何分も煮ることなく栗が茹で上がる。


保温調理器シャトルシェフを使うと、一晩漬けておいた栗を
沸騰してから10分くらいゆでて、保温鍋に入れておくと
40~50分くらいで栗がホクホクに茹で上がるのだ。

もちろん、栗だけではなく、カレーライスもシチューも
保温調理にかかれば余分なガスを使用することなく美味しく出来あがる。

本当に便利なお鍋だ。
アマゾンでも売っている。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします
スポンサーサイト

ちょっと変わった栗ご飯




そろそろ夏の暑さもゆるみ
も30℃を超える日もなくなってきた。

そこ吹く風もどことなしか乾燥気味で秋めいている。

秋になると、いろんなものが売りに出てくる。

スーパーに行くと、ぶどう、梨、とうもろこし、栗・・・
今年はちょっと高めのようだけど、品揃えは確かだ。

そして、目を引くのが釜飯やまつたけご飯、
栗ご飯などの炊き込みご飯だ。

とても美味しそうな写真で顧客を誘っている。

そんな中で私の目を引いたのが栗ご飯だ。
だけど、よく見ると栗ご飯はにんじん、ごぼう、こんにゃく、
たけのこなどのかやくも入っていて、味ご飯と変わり映えしない。

本当の栗ご飯はこんな風であるはずだけどなぁ・・・



しかも、栗ご飯の素は値段もハンパじゃなく、結構いい値がしている。
こんなものなら自分ちで作れるだろうと、自家製の栗ご飯を作ってみた。
栗は去年買っておいた栗の甘露煮だ。
かやくは、しめじとにんじんとごぼうネギくらいだ。

ちょっとピントが甘いのが気に入らないけど・・・

栗ご飯

味ご飯の栗ご飯は美味しかった。
栗が甘くてちょうどよいのだ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

8月には冷し中華だ!



今年も早8月に突入してしまった。

大暑(7月23日)から立秋(8月7日)までは
一番暑い季節ということになるそうだ。

こんなときは食欲もわかない。
そうなると、勢い麺類に走ってしまうね。
麺類で私が好きなのは冷やし中華だ。

大勝軒の冷やし中華始まりました!2人前入り、東京の昔懐かしい味(夏期5~9月期間限定)

価格:680円
(2014/8/4 12:17時点)
感想(5件)



「冷し中華始めました~~~」

なんて歌にもあるように冷し中華は格別な夏の味なのだ。



冷やし中華は色とりどりの具材を麺にのせ
ゴージャスに楽しめるから華やかなのでいいよね。

その華やかさだけで食欲がそそられてくる。

うちではトッピングは錦糸卵とカニカマ、きゅうり
魚肉ソーセージくらいになっている。
気の利いたものは入っていない。


それでもなにか具財の色合いを見ると
美味しそうに思えてくる。


食欲も出てくるというわけだ。


さて、冷やし中華ではごまだれやしょうゆだれがあるが
うちではしょうゆだれが主流である。

しょうゆだれが一番作りやすいからだというのが理由のひとつだ。
あっさりしているというのも理由にあるかもしれない。

一度ごまだれを買ってきて食べてみようかなどと考えている。

ごまドレッシング ごまだれ 胡麻ドレッシング ピリ辛 400ml【冷やし中華 たれ しゃぶしゃぶ お鍋 サラダ】 .ごまドレ あす楽対応 ごまドレッシング 胡麻だれ ゴマだれ ごまダレ

価格:700円
(2014/8/4 12:15時点)
感想(12件)

スープ別売り♪冷やし中華(醤油)(※こちらは、スープのみの販売となっておりますので麺は付きません。予めご了承ください。)

価格:68円
(2014/8/4 12:18時点)
感想(14件)




マヨネーズをかけるかかけないかでいろいろと議論があるが
うちでは速攻でマヨネーズをかけてしまうのだ。


錦糸卵にかかろうがどうしようが関係ない
意に介せずそのまますすってしまう。

そういえば、コンビニで売っている冷やし中華にも
徐々にマヨネーズが付いてくるようになったという話だ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

暑い夏には美味しいうなぎ!


7月の食べ物といえば、
なんといったって「うなぎ」だろう。


今年(2014年)の土用の丑の日(どようのうしのひ)は、7月29日である。
夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣がある。


【お中元ギフト】超特大うなぎ蒲焼き1本・きざみうなぎ2食【送料無料】【ウナギ 鰻 蒲焼き 贈り物】

価格:5,190円
(2014/7/23 19:44時点)
感想(80件)


日本の独特の習慣だね。

讃岐国出身の平賀源内(1728年 - 1780年)が発案したという説が最も有力だ。
「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」というから

別に「うなぎ」じゃなくっても「うどん」でもいいんだけどね。
「うに」もあるしなぁ・・・「うめぼし」もあるね。

ちょっと変わったところで「うり」などもいいのかなぁ

とにかく今年も暑くなりそうだから、夏バテにならないように
美味しいものを食べて栄養を付けないといけないね。

毎日冷たいそうめんをすするというのは
栄養が取れないと思う。

今日は「大暑」

今週は26日(土)頃にかけて日に日に暑さが厳しくなるという。

熱中症には要注意だね。

この暑さ、2014年8月7日の「立秋」まで続くという。
暑中お見舞いはこの時期に出すらしい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

七夕の美味しいお寿司



七夕になるとそうめんを食べるという話を聞くが、
そうめんを食べるという習慣はなんと、平安時代のお菓子から始まったという。

七夕になると、小麦粉と米の粉を練って縄の形にした
「索餅(さくべい)」という菓子を食べていたという、
それが時代を経て「そうめん」になったようだ。

「そうめん」もお菓子から変わって言ったというのはちょっと興味深いね。

七夕のキーワードでクックパッドで調べてみると
七夕そうめんを初めとして、「七夕わらび餅」とか、「ところてんサラダ」
「七夕クッキー」「ちらし寿司」「七夕ゼリー」「水まんじゅう」など・・・
バラエティーに富んでいる。

「七夕ピザ」なんてのもある。

結局!
美味しいものであれば何でもいいということになるのではないだろうか?


そもそも七夕とは

七夕の行事は、奈良時代に中国から伝わった
「牽牛星(けんぎゅうせい)」と「織女星(しょくじょ)」の伝説と、
手芸や芸能の上達を祈願する「乞巧奠(きこうでん)」を結びつけ、
日本独自の行事となったものらしい。

織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)の美しくもはかない物語は、
ロマンチックなストーリーが好きな日本人に受けたんじゃないかと思われる。

笹の葉に願い事を書いた短冊をくくりつけるというのも
あとから出来た行事だろうと思われる。


まぁ、とにかく美味しいものでも食べて七夕を祝おうというのが
根本の目的じゃないだろうか。

スーパーなんかでは7月7日にはポイントが7倍になると
大々的に宣伝している。

「美味しいものをたくさん買ってくださいね。」ということだろうか・・・


で、うちでは、7月6日にお寿司を作った。

20120706.jpg

あげ寿司と海苔巻きだけの簡単なお寿司だけど、
海老天、玉子焼きが入っていて、甘めの酢飯でとっても美味しいのだ。

まさに田舎寿司と言えるお寿司だろう。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

甘さ控えめのゆで小豆



最近は小豆を使ってゆで小豆作りにはまっている。

よく井村屋などで缶詰にして売っているが、
あの缶詰のやつはとても甘くて自分をはじめ家族には不評なので
自分で圧力鍋を使って作っているのだ。

自分でゆであずきを作ると、甘さも自分の好みで調節することができ
実においしいゆであずきが出来るのだ。

だから、ちょっと甘さ控えめのゆで小豆といったものだろうか?
自分では、「ぜんざいの濃いやつ」位の感覚でしかないガ・・・
甘さが控えめなのでしつこくなく、いくらでも食べることが出来てしまう。
それがちょっと怖いところでもあるのだが・・・

ゆで小豆2014-6

ゆで小豆の作り方はいたって簡単!

まず、小豆120gを軽く洗って、たっぷりの水をお鍋に入れて10分くらいゆでる。
10分経ったら、ふたをして冷めるまでそのまま放置。

冷めたら、水を捨てて、圧力鍋に水400ccと小豆を入れて10分ゆでる。
10分経ったら圧力鍋をそのまま放置、自然に冷めるまで開けない。

20分くらいすると冷めているから、圧力鍋を開けて、普通のお鍋に移し、
砂糖60gと塩少々とで自分のお好みの硬さまで煮詰めれば出来上がり。
砂糖の量はお好みで加減してほしい。


煮詰めるときの注意だけど、ちょっとしゃぶしゃぶくらいが
冷蔵庫で保存したときにちょうどいい硬さになるようだ。
やりすぎると、カチカチの粒あんになってしまうのでご注意を!!
それはそれでまたいいんだけど。


出来たゆで小豆はヨーグルトの上に乗せて食べるとか、そのまま食べるとか・・・
うちではご飯の上に乗せていただくのがトレンディなのだ。

もちろん、白玉だんごを作って一緒にいただくというのも美味しそうだ。
栗の甘露煮などを入れるというのも一興だと言える。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

春分の日の食べ物は?



「春分の日 食べ物」のキーワードでGoogleで検索すると・・・

春分の日の代表的な食べ物は「おはぎ」だそうな。
お彼岸にはおはぎをお供えしてご先祖のお墓にお参りするとも。

しかし、春彼岸にいただくあん餅は「ぼたもち」というべきだ。


こちらを参考
↓↓↓↓

おはぎとぼたもちの本当の違いは


まあ、小生などはいつ食べても「ぼたもち」と言うから
人のことはあまりきつく言えないところもあるが・・・


自分ちで作った「ぼたもち」


もちろん、今年もすでに「ぼたもち」を食べた。

今年も「ぼたもち」を食べてご先祖様のお墓に参りに行こうではないか。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

ひな祭りのちらし寿司



3月3日はひな祭りだ。
ひな祭りと言えば、ちらし寿司だね。

節分は恵方巻きで太巻きを食べた記憶があると思うが、
なぜ、ひな祭りでは「ちらし寿司」になるのだろうか?

ちらし寿司は彩りもよくて、女の子の祭りに適しているからと言う話しもある。
寿司飯(酢飯)の上に様々な具を「散らし(ちらし)」て作っているので
栄養価も高いからかも知れない。

まぁ、理由はどうあれ、美味しいちらし寿司を食べられるのは嬉しいものだ。


この時期になると、スーパーでもちらし寿司の素を所狭しと販売している。
主なものはこれだ!!






う~~んまぁ、この中では、食べたことがあって人気なのは

五目ちらし ミツカン
すし太郎 永谷園


くらいかな?
どうしても既製品は味が濃くて自分には合わないけどね・・・。


ところで、人気のちらし寿司の具はなんだろうね?
とあるページには

でんぶ
しいたけ旨煮
レンコン甘酢漬け
錦糸玉子
茹で海老


が紹介されていた。


椎茸の煮物
かんぴょうの煮物
酢れんこん
きざみ海苔
錦糸玉子


を紹介されているところもある。


うちで作るちらし寿司は
きざみ海苔
錦糸玉子
冷凍エビの酢漬け
きゅうりの塩もみ
ミックスベジタブル


くらいだ。ちょっと安上がりなちらし寿司と言えよう。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

2月3日の節分はどーする?


2月3日といえば節分ですね。
節分と言えば豆まきだけど・・・

邪気を追い払う為に、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。
炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われるようだ。

豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。
また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。
初期においては豆は後方に1個撒くこともあったと言う。

北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒くともいうし・・・

もう、豆まきだけでもいろんなやり方があるようだ。

また、恵方巻きと言って、節分に食べると縁起が良いとされる「太巻き(巻き寿司)」も
1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売したことで だんだんメジャーになってきている。



恵方巻きにあやかろうと恵方ロールと言うものも出てきている。




ところで、節分(せつぶん/せちぶん)は、
各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことだって、知ってました?

つまり、2月3日は「立春イブ」なのである。
大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークであるともいわれる。

実際にはまだまだ寒い日が続いてしまうが・・・


ちなみにうちでは、2月3日に巻き寿司などを作って、美味しくいただくことにしている。
もちろん、あげ寿司も作ります。

すし

豆まき?
それもやります。
そして、好きなだけ豆を食べます。

豆は五色豆を使います。
美味しいので巻いてしまった豆も食べちゃいます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

七草がゆについて調べてみた



1月7日は、過去1年の厄払いとこれからの1年の無病息災と招福を祈願する「人日(じんじつ)の日」とされているようだ。

七草がゆ(七草粥、七種粥)は、その人日の節句(1月7日)の朝にその一年の無病息災を願って食べる、春の七草を入れたお粥のことを言う。

お正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休めるためとも言われる。

春の七草というのはセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種をさす。

この行事は、平安時代初期に中国から日本へ平安時代初期に伝わったという。
七草を使うようになったのは鎌倉時代からだそうだ。


春の七草とは・・・

芹(せり)
鉄・食物繊維を含んでいるので貧血や便秘に効果がある。
ビタミンCも含んでいるためカゼにも効果あり。

薺(なずな)
いわゆる「ぺんぺん草」や「三味線草」(しゃみせんぐさ)のこと。
止血効果や貧血に効果があり、血圧を下げ、利尿、便秘の解消にも効果あり。

御形(ごぎょう)
別名・母子草(ははこぐさ)。風邪の予防や解熱効果がある。

繁縷 (はこべ・はこべら)
ビタミン類、タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいるため、民間では昔から薬草として親しまれています。

仏の座(ほとけのざ)
別名・田平子(たびらこ)。和名を小鬼田平子(コオニタビラコ)と呼ぶ。
タンポポに似ており、食物繊維が豊富。

菘(すずな)
別名・蕪(かぶ)。
ジアスターゼを豊富に含んでいて、消化を促進させる効果がある。

蘿蔔(すずしろ)
別名・大根(だいこん)
ビタミンC、ジアスターゼを含んでおり、消化を促進させる効果がある。さらに、葉にはカロテン、ビタミンCやE、カルシウムなどが豊富に含まれている。

以上の7つをさす。

カブやダイコンなどは普段から食べているのでなじみがあるね。

この時期になると「七草粥セット」と言うものが売っていて、
フリーズドライでとっても便利なのもある。
あまり売れていないのだけど・・・

七草がゆ、大まかな作り方
七草粥の作り方はご飯に水を入れてコトコトと煮る。
その間に蕪、大根を小さめに切って下茹でをする。
葉っぱ類は湯通しして粗微塵に切る。

粥が煮立ったら、七草を入れ塩で味を調えて出来上がり!

お正月に食べすぎた方には最適なお粥ですね。


七草粥の作り方@クックパッド
↓↓↓

Cpicon 中華風のお粥で作った『七草粥』 by ケチャウルレシピ



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

三日とろろ



「三日とろろ」って聞いたことがありますか?
「七草がゆ」とか「鏡開き(かがみびらき)」「鏡割り(かがみわり)」は
聞いたことがあるけど、「三日とろろ」ってなじみがないですよね。

私はスーパーのチラシで見たんですが、
何でも売ればいいというスーパーの戦略かな?

と思っていたんですが、
よく調べてみると、とろろの絶大な効果がわかってきました。


「三日とろろ」は主に東北・北関東地方の正月行事で、1月3日にとろろ汁を食べて年末年始のお節料理に疲れた胃腸の調子を整え、1年の長寿や健康を祈願するという意味合いがあるそうです。

とろろは生の山芋や長いもをすり下ろしたもので、
とろろには、ジアスターゼ(アミラーゼ)が含まれていて
でんぷんの分解を促進し消化を助け、胃もたれを改善してくれます。

また、ヌルヌル成分のムチンがコレステロール、糖分の吸収を抑制し、肝臓や腎臓の機能を強化して免疫機能を高めてくれます。

さらに、神経伝達物質のもとになる物質、コリンが脳内コリン濃度を高め、老人性認知症を改善。
血管を拡張し、高血圧、動脈硬化、脂肪肝を予防してくれます。

とろろにはこのような効果があり、お正月の3日にいただくというのは
1年の健康に大きく貢献することでしょう。


ここで、一つ気をつけるべきことは、
とろろは熱に弱いため、熱を加えると効果が減少しますので、
生ですりおろして食べるのが効果的な食べ方です。


もしかしたら、東北・北関東地方だけでなく、
日本全国に浸透してしまうかもしれませんね。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

美味しい!あん餅雑煮

お正月といえばおせち料理だけど、
おせち料理では何が好きだろうか?

私は栗きんとんとか黒豆、数の子などが好きだが、
一番すきなのがお雑煮なのだ。


うちは関西に近いせいもあって出汁をとった澄まし汁風味のお雑煮となっている。
決して味噌は使わない。

秘密のケンミンSHOWで紹介されてから
あん餅雑煮を食べている。



あん餅雑煮の発祥の地は香川県らしい。

江戸時代、讃岐(香川県)では、
塩・砂糖・木綿が特産品で、「讃岐三白」と呼ばれていたようで、

中でも砂糖は、当時全国の約8割を生産していましたが、
それでも、なかなか口に入らない大変貴重なものでした。

そこで、正月くらいは自分たちの作った砂糖を食べたいという想いで、
砂糖を使ったあん餅入りの雑煮を食べるようになったそうです。


あん餅のあんの甘さと、雑煮の塩加減が相まって
とっても甘辛いハーモニーをかもし出してくれるのだ。


そういえば、お正月は黒豆や栗きんとん、伊達巻きなど
甘い物が多いようですね。


まだおせち料理があるんですね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

おせち料理の栗きんとん



栗きんとん(くりきんとん、栗金飩)というと、
岐阜県の美濃東部名産の栗を使った高級和菓子を思い出すだろうか。


この栗きんとんは、栗に砂糖を加えて炊き上げて作り、茶巾絞りで栗の形を作っている。
もちろん、栗だけを使っている。


お正月のおせち料理の定番、栗きんとん(栗金団)
を思い出す人もいるのではなかろうか?


おせち料理の栗きんとんは、ねっとりと粘り気があり、
さつまいもと栗の甘露煮を使って作られる。


栗きんとんは2種類あるが、栗だけの栗きんとんは和菓子で、
おせち料理の栗きんとんは、おかずということになるのだろうか。



うちではよくおせち料理の栗きんとんを作る。
とくにお正月じゃなくても、作って楽しんでいる。

くちなしの実を使ってゆでているので、
黄色く色づき、美味しく見えるのだ。

栗きんとん


栗の甘露煮などは100均で売っているものを使う。
砂糖などは甘いサツマイモの場合は極力控え目にしてしまう。

そうすると、たくさん食べられる。

材料
さつま芋 2本約300g
栗の甘露煮 1瓶
くちなしの実 1個
塩 1つまみ
砂糖 100g

作り方
1)ちなしの実をお茶パックに入れる。
2)さつま芋の皮をむきしばらく水に浸してから、たっぷりの水にちなしの実を入れて茹でる。
3)茹で上がったら、水とさつま芋をわけ、水を入れながらフードプロセッサーで滑らかにする。
4)砂糖と塩を入れ、火にかけて煮詰める。
5)適度に煮詰まったら粗熱を取り、きんとんに栗を乗せて盛り付ける。

※さつま芋の甘さによって砂糖の量を変えてください。
水の変わりにみりんを入れると照りと粘りが出て美味しい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

美味しい牡蠣ご飯

カキご飯
寒い時期になると、牡蠣が出回り始めます。
牡蠣といえばかきフライを頭に浮かべる人が多いようだが、
うちでは牡蠣鍋とか牡蠣ご飯を浮かべることが多い。


今回は牡蠣ご飯を作った。

カキご飯12-1


海のミルクと呼ばれる牡蠣は、栄養素が豊富な魚介類で
ビタミンB1、B2などのビタミンや亜鉛などのミネラル、
タウリンなどを豊富に含んでいる。


とりわけ、牡蠣はあらゆる食材の中で亜鉛含有量がダントツである。
ちなみに、亜鉛は味覚障害の予防に必須の成分である。


カキのたんぱく質は、全ての必須アミノ酸と同時に
12種以上の他のアミノ酸を併せ持っている良質のものです。

ビタミン類は、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・C・ビオチン
・コリン・イノシトール・葉酸などが含まれていて
ミネラル類は、カルシウム・カリウム・リン・鉄・ヨード・マンガン
・マグネシウム・銅・亜鉛・コバルトなどが含まれている。

また、私たちの活力源となるグリコーゲンも豊富に含まれています。

牡蠣は美味しくて栄養豊富なので、
冬にぜひ食べたい魚介類だね。

クックパットで人気の牡蠣ご飯
↓↓↓↓

Cpicon ❁牡蠣と生姜の炊き込みご飯❁ by rie-tin


人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします

夏の風物詩の水ようかんに異変が・・・

こたつに入りながら食べるものといえば、
何といったって、みかんですよね。

私は三重県の南部なのでみかんがよく取れ
冬になると、みかんをたくさん食べます。

ところが、北陸地方では炬燵にあたって、
冷たい羊羹を食べるのが昔から習慣のようです。



例えば、福井県民に福井のお菓子と聞けば、
多くの人が「水ようかん」と答えるほど昔から名物として定着している。

水ようかんは夏の食べ物だと思っている我々にすれば、
一種異様な感じがしないでもない。

それもそのはず、お盆が近くなるとお中元と称して
必ず美味しい水羊羹が届くからだ。

冷蔵庫でキンキンに冷やしていただくと、
夏の暑さがどこかに飛んでいってしまう錯覚に陥ってしまう。

まさに夏の風物詩といったところだ。


ところが、北陸地方の面々はこの風物詩を
冬に替えてしまうというから驚きだ。

まぁ、確かに暖かいコタツに入ってぬくぬくとしたところで
水ようかんを食べるのも悪くないとは思うが・・・


よくよく調べると、無理もない理由があるようだ。
夏に食べる水ようかんは、水飴などいろいろなつなぎが入っていたり、
防腐剤が入れてあったりするが、
福井の水ようかんは、黒糖、砂糖、あんこ、寒天で作った日持ちしないもの。
だから、寒い冬に作って食べるんだそうな。

福井では雪の降る日は水ようかんの売れ行きがいいようだ。


送料無料 水ようかん 福井 和菓子 冬の銘菓 水ようかん 3枚入 みずようかん 福井県 水羊羹 通販 福井 水ようかん ご発送11月~3月の限定品
送料無料 水ようかん 福井 和菓子 冬の銘菓 水ようかん 3枚入 みずようかん 福井県 水羊羹 通販 福井 水ようかん ご発送11月~3月の限定品




[極]水ようかん 6枚セット
[極]水ようかん 6枚セット




★福井の水羊羹、楽天ラインナップ★


人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへぜひ、ワンクリックをお願いします
最近の記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリー
ランキング順位
検索フォーム
タグ

ふわふわ パウンドケーキ 早茹で マカロニ はったい粉 うなぎ カレーライス カレーうどん 土用の丑 マカロニサラダ ツナ ゴーヤチャンプル さんま寿司 大学イモ 栗ごはん 月見団子 麻婆豆腐  玉子 名月 

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。